2010年04月27日

<ニュース検定>感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)

 入試や就職試験でも出題される「時事問題」の理解度を測る「ニュース時事能力検定試験」が開始から4年目を迎え、主催する毎日新聞社とNPO・日本ニュース時事能力検定協会は22日、東京都千代田区の帝国ホテルで、「ニュース検定感謝の集い」を開いた。共催している全国の新聞社や放送局の幹部ら約60人が参加。これまで受検者は8割以上が20代以下で占めており、若者の間で「N検」として定着しつつあることを喜び合った。

 N検は07年開始。全国の新聞社や放送局計31社が共催し、全国四十数都市の試験会場で実施されている。小中学生レベルの5級から社会人上級レベルの1級まで5段階に分かれており、これまでに8回の検定で累計5万5000人が受検。合格者2万5000人に合格証が発行された。この日、主催者あいさつの中で朝比奈豊・毎日新聞社社長は「今後、(N検が)教育現場や企業などで、さらなる導入が促進されるよう願っている」などと話した。

 次回の第9回検定は6月20日に実施予定で、申し込みは5月21日まで受け付ける。

【関連ニュース】
【新刊本】『2010年度版ニュース検定公式問題集1・2・3級』
ニュース検定:団体受検、姫路の2校優秀賞 飾磨工業高と淳心学院中高が受賞 /兵庫

帰化発言で都知事「社民党首を特定してない」(読売新聞)
アルパカも驚いた!?雨あがる“天功イリュージョン”(産経新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
子宮頸がん 若い世代、低い認知度 20代前半で半数以下(産経新聞)
<ヤマザキマザック>美術館オープン、絵画など展示 名古屋(毎日新聞)
posted by イリサワ ヨシハル at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

橋下“維新”府議はやジレンマ 自民が公認候補…党籍除名も(産経新聞)

 5月23日投開票の大阪市議補選福島区選挙区(欠員1)で、自民市議の長男で秘書の太田晶也氏(38)が出馬に意欲を示していることが21日、分かった。自民党府連に公認を求める方針。しかし自民の公認候補が立候補すると、戸惑うのは橋下徹・大阪府知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」に加わった自民党籍の議員たち。維新は独自候補の擁立を決めているが、自民府連幹部の中には「反党行為をした場合は除名もある」という厳しい意見もあり、関係者からは「究極の選択になる」との声があがっている。

 晶也氏は同選挙区選出の太田勝義市議の長男。選挙区定数は2で、当選すれば親子での議席独占となるため世襲批判も想定されるが、晶也氏は「地元出身者として福島区の将来を考えていきたいと思っている。父の後援会の賛同を得たうえで出馬したい」と話しており、自民支部内で調整がつけば、来週にも府連に公認申請をするという。

 市議補選では、維新が会社役員の広田和美氏(46)を擁立する方針で、地域政党の“初陣”としての注目されている。

 維新にはこれまで30人の地方議員が加わっているが、ほとんどが自民出身で党籍を残したまま。自民党籍を持つ維新府議の1人は「過去の選挙では公認候補以外を応援して処分されなかった人もいる。仮に処分を考えているのなら釈然としない」と話す一方、別の府議は「できれば自民の公認候補を落とす選挙にはかかわりたくはない」と打ち明けた。

 補選にはこのほか、民主の国本政雄氏(33)と共産の山田みのり氏(33)の2人が立候補を表明している。

【関連記事】
「大阪都構想に大賛成」 野田義和東大阪市長
橋下府知事「僕の大号令が必要」 市町村への権限移譲
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し
橋下氏&ヒロシーズ…新党乱立、それぞれの「狙いと勝算」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)
英会話学校のジオスが破産手続き(産経新聞)
出張ヤギさんが園児とふれあい(産経新聞)
「基地移設反対」染まる徳之島 「甘い汁はいらない」(産経新聞)
酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)
posted by イリサワ ヨシハル at 01:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

首相はつらいよ!? 山田監督が激励(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日、首相官邸で、映画監督の山田洋次氏の訪問を受けた。山田氏は「こんなつらい時だからこそ映画でも見て、肩の力を抜いてほしい」と激励。首相は「本当にそうですね」と答えた。

 山田氏は約1時間半にわたり、映画界の振興策を要請。山田氏によると、映画制作への寄付に対する税制優遇策のアイデアに対し、首相は「それは考えないといけない」と前向きな姿勢を示したという。

 「男はつらいよ」シリーズなどで知られる山田氏は会談後、記者団に対し「あまりにもつらくて、(首相も「つらい」と)言えないのでしょう」と気遣っていた。

影武者欲しい? 桜を見る会で、首相がそっくりさんと握手(産経新聞)
弁護側の同意ない調書 検察、誤って読み上げ(産経新聞)
1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
<沼田市長選>現職の星野氏が無投票で3選 群馬(毎日新聞)
舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)
posted by イリサワ ヨシハル at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。