2010年05月24日

スキンケアで防ぎきれない ニキビはれっきとした病気(J-CASTニュース)

 「ニキビは青春のシンボル」。そんな言葉があるように、10〜20歳代にできる一時的なものと思っている人は少なくないだろう。しかし、ニキビは「尋常性ざ瘡」といってれっきとした皮膚の病気だ。放っておいたり、対処法を誤まったりすると、顔に痕が残ることもあり、ちゃんと治す必要があるのだ。

 そこで、皮フ科領域を専門とするグローバル製薬会社のガルデルマと、塩野義製薬はニキビが病気であることをしっかり理解してもらおうと、5月21日を「ニキビの日」に制定。皮フ科での治療を呼びかけはじめた。

■「5月21日はニキビの日」とナース姿の柳原さん

 5月21日は「ニキビの日」――。「(5)いつも、(2)ニキビは、(1)皮フ科へ」の語呂合わせだが、ニキビが慢性の皮膚疾患であることを広くPRし、患者に皮フ科での治療を促す狙いがある。

 ニキビは症状が顔に現れ、痕が残ることもあるなど患者の生活面や心理面に大きな影響を及ぼす。にもかかわらず、ニキビの治療で病院を受診する日本人は10%程度と少ない。海外では、米国が25%、韓国は30%の人が受診する。

 日本人は、患者自らが洗顔などのスキンケアや、患部に市販の医薬品を塗るなど、「自己流」で対処している例が多く、最悪なのは放っておいたり、気になって触ったあげく潰してしまったりすることだ。

 汗や皮脂の分泌が活発になって「ニキビ」が出やすくなる夏場を前に、ガルデルマと塩野義製薬は「ニキビ疾患啓発キャンペーン」を開始。「ニキビの日」である5月21日にスタートのイベントを開いた。

 今回のキャンペーンのCMキャラクターである柳原可奈子さんがナース姿で登場。トークセッションでは、「ニキビは進行する病気なんです」と話し、赤く炎症を起こした「赤ニキビ」、さらに炎症が広がり「化膿したニキビ」になると顔に痕が残りやすい。「そうなる前の、毛穴がつまった『白ニキビ』の段階で、早めに皮フ科のお医者様にかかって」と訴えた。

 芸能界でも「肌がきれいなタレント」とされる柳原さんも、学生時代はニキビができると外に出たくなくなったり、気分がめいったりしたという。「ニキビは病気。皮フ科のお医者様にきちんと診てもらって、わたしのようなツルツルなお肌になって」と笑った。

■「軽症のうち皮フ科を受診することを勧めます」

 ガルデルマと塩野義製薬が15〜39歳の男女3889人を対象に行ったインターネット調査では、10歳代で72.2%、20歳代45.5%、30歳代でも17.0%がニキビの症状を抱えていた。

 さらにニキビに悩む20歳代の男女200人に、ニキビに対する意識と対処法などを聞いたところ、「もしニキビがなくなったら」との問いに、「外出したい」「新しい恋がしたい」との声が寄せられ、ニキビが周囲との心理的な壁になっているようすがうかがえた。

 女性の場合はニキビを化粧で隠したりするため、その化粧品代が月平均1385円、1年で1万6620円に上ることもわかった。

 ニキビが肌の病気であることを認知していた人は47.0%と過半数を割り、病院で治療したほうがよいことを知っていた人は、3人に1人(32.3%)しかいなかった。

 東京女子医科大学の林伸和・准教授は「ニキビが慢性炎症性疾患であることは、日本ではあまり知られていません。ニキビはスキンケアなどの生活習慣の改善だけでは防ぎきれない病気で、そのことをしっかり認知して、放置せずに、軽症のうち皮フ科を受診することを勧めます」と話している。


■関連記事
メンズ化粧品が好調 「こっそりメイク男」実はいる : 2009/04/11
男性の4割「すっぴん」にガッカリ 彼氏に見せるタイミングに悩む : 2009/03/29
「素の自分で戦いたい」 「すっぴん」見せたがる女性たち : 2008/12/08
「男性も基礎化粧品」 何を使えばいいのか : 2010/05/20
柳原可奈子 24歳の抱負綴り「アン、恥ずかしいわ」 : 2010/02/05

顧客口座から預金詐取 ソニー銀行元行員を逮捕(産経新聞)
<銭湯>入浴料、据え置き報告 副知事に都対策協(毎日新聞)
「政府・県に一定の問題ある」=口蹄疫被害拡大で首相(時事通信)
小惑星探査機 「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾後半20日から 各省「独自仕分け」も(毎日新聞)
posted by イリサワ ヨシハル at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」(産経新聞)

 今年の本屋大賞にノミネートされた小説「船に乗れ!」(ジャイブ)で知られる作家、藤谷治さん(46)愛用のチェロが3月に盗まれた事件で、チェロがネットオークションに出品されているのが見つかり、13日に藤谷さんの手元に戻った。藤谷さんは「破損もなく、心から安心した」と喜んでいる。

 警視庁北沢署や藤谷さんによると、チェロはドイツ製で約70万円相当。3月下旬、東京都世田谷区のビル2階にある藤谷さん経営の書店で盗まれた。4月中旬にオークションに出品されていることが分かり、藤谷さんが同署に通報した。

 出品者は都内の古物商で、同署が事情を聴いたところ、20代の女がわずか1万円で古物商に売っていたことが判明。同署は女を窃盗容疑で逮捕した。女は客として藤田さんの書店を訪れ、面識があったという。

 藤谷さんは「扱い方がおろそかになり、チェロが逃げたのかも。ご迷惑をおかけした皆さんと、チェロに『ごめんなさい』と言いたい」と話した。

 著作「船に乗れ!」は音楽高校を舞台に、チェロを弾く少年を主人公とした青春小説。盗まれたチェロは藤谷さんが三十数年前から愛用し、小説のモデルにもなったという。

【関連記事】
藤谷治さんのチェロ盗難「何としても見つけて」
「2010年本屋大賞」ノミネート作発表
奇跡が起きた!のあのわ、盗難チェロ戻った
叶姉妹、ブログで盗難告白「とっても悲しい」
100万円チェロ返して!のあのわ盗難被害
少子化を止めろ!

ダイヤ鑑定 「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
心電図送信機のチャンネル番号入力間違えで医療事故(医療介護CBニュース)
ニチイ学館、介護で初の売上高1千億円突破―今年3月期(医療介護CBニュース)
仕分け第2弾後半戦は73法人86事業 運転免許講習など対象(産経新聞)
<普天間>官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」(毎日新聞)
posted by イリサワ ヨシハル at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

<地域活性化>廃校の県立高、私立一貫校に転用 埼玉・加須(毎日新聞)

 少子化に伴い3月に廃校となった埼玉県立北川辺高校(加須市)が来春、私立の中高一貫校として生まれ変わる。地元の活気を取り戻したいという市が、いったん県から買い取った校舎と敷地を、10年間無償で貸し出す秘策を編み出し、全国でも珍しい「学校の再利用」が実現した。文部科学省も「先駆的な事例」と評価している。

 新設されるのは、さいたま市内に小・中・高校を持つ開智学園が運営する「開智未来中学・高校」(仮称)。11年目には、学園が市から土地を買い取って引き続き運営する。

 北川辺高は3月、少子化を受けて02年から県が始めた県立高校再編で統廃合された。最後の新入生を迎えた07年度には275人の生徒がいた。「子どもが地元からいなくなってしまう」と危機感を抱いたのは、同校のあった旧北川辺町(3月に周辺市町と合併し加須市に)。県から学校の土地を買い取ることを前提に09年9月、新校の設置場所を探していた開智学園と、10年間無償貸与の覚書を結んだ。

 今年4月、県から土地3万5749平方メートルと22棟の建物を約3億6670万円で買収し、学園との間で正式に無償貸与契約を結んだ。

 開智高の中村宏教頭は「校舎や広いグラウンドなど施設的に恵まれている。費用が節約できた分、教員を充実させたり教材を豊富にできる」と再利用のメリットを挙げる。市政策調整課は「子どものにぎわいが戻ることで市が活性化する。交通機関や商店などには経済効果もあるのでは」と期待する。

 文科省によると、02〜08年度に廃校となった全国3134校のうち、校舎の再利用は6割程度。多くが公民館や美術館、スポーツセンターで、「学校」に生まれ変わった例はほとんどない。同省施設助成課は「税金で建てた学校が使われないのはもったいない。今回は先駆的な事例だ」と話している。【西田真季子】

【関連ニュース】
<関連写真特集>吉本興業:東京本部、新宿の小学校に移転
<関連記事>生命のメッセージ展:東京・日野市の廃校で常設展
<関連記事>ニュース交差点:地域 廃校を活用しよう! 各地で動きが
<関連記事>ラボラーレ登米:廃校舎活用、福祉事業所が始動 就労の12人明るく
<関連記事>まちなかオープンキャンパス:空き店舗を再利用、山梨大生がイベント

山陽道 6台絡む追突事故で火災 3人死亡 兵庫・姫路(毎日新聞)
<窃盗>5300万円相当、コントラバス5台など盗難…東京(毎日新聞)
“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)
ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)
「四面楚歌」鳩山首相 それでも擁護する人の論理(J-CASTニュース)
posted by イリサワ ヨシハル at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。